エサ

国産天然素材配合フード

ドッグフードにはさまざまな種類の物が出ていますが、
ただ空腹を満たすためだけではなく、健康な身体を作る食事として、考え直さなくてはいけません。

化学薬品や合成添加物・合成着色料・防腐剤・防虫剤など愛犬の健康を害する恐れのある原材料は、
製造段階などで使用することでも、犬の健康を脅かすものとなってしまいます。
また食いつきをよくするために使われることのある、製造前段階で強力な酸化防止加工が必要な
料理廃油やフレーバー・嗜好促進剤などの誘惑物質等も体にはよくないものです。
ドッグフードに添加されているものをよくチェックしましょう。

天然成分のミックストコロール(ビタミンE源)とローズマリー抽出物などを
酸化防止剤として使用していると安心でしょう。

ドッグフードには脂肪を使用していますが、脂肪は酸化しやすく、酸化脂肪は発ガン性の危険があり、
また、胃腸に障害をもたらします。
そのため、ドッグフードは酸化を防止する(酸化防止剤を使用する)必要があります。

ところが、多くのフードではエトキシキン、BHA、BHTをはじめとする
安全性のない合成酸化防止剤を使用しています。
これらは安価ですが、発ガン性、アレルギー等の危険があります。


愛犬のためを考え、無添加のオーガニックドッグフードを選びましょう。
添加物(人工的に合成されたもの)を使用していないドッグフードが安心です。
天然素材で作られていて、自然由来の素材100%のドッグフードが一番いいでしょう。

ドッグフードの原材料の中には、人が食べることができない、
低品質な食品がごく普通に使われています。
これらは消化が悪く、危険性もあります。

代表的なものは以下のとおりです。
家畜副産物(肉以外の本来捨てられる部位:皮膚、羽根、頭部など)、病気に感染した家畜、
死亡した家畜、穀物の使用後のかす(脱脂大豆など)、使用済みの廃油です。
こういったものは表示を見ることでしか判断ができませんが、
表示の成分は多い順に記載されていますから、まずは国産、天然素材であること、
そして良質な部位のお肉が使われているなど飼い主がよく見て選ぶことが必要です。
質が良くて人気のドッグフードがこちらのサイトで紹介されています。
同じように犬を飼っている飼い主さんたちから人気の商品を選ぶ方法も良いでしょう。