エサ

栄養価の高いフード

犬にとって重要な栄養素は水 、タンパク質 、脂肪 、炭水化物 、ビタミン、ミネラルです。
中でも重要なのがタンパク質です。
犬は人間の約4倍のタンパク質を必要とするそうです。
また、脂肪も重要な栄養素であり、人間より高脂肪の食事を必要としています。

つまりは、犬の栄養摂取バランスというものは、人間に当てはめると
炭水化物とタンパク質を逆転させたものと考えていいでしょう。
動物性タンパク質を中心にタンパク質を摂取することが重要なのです。


基本的に犬は、人とほぼ同じものを食べられるのですが、栄養バランスは人と全く違います。
犬は人と比較すると、より多くの種類、より多くの必須アミノ酸を
タンパク質から摂取しなければなりません。

重要になのは良質な動物性タンパク質(つまりお肉)を中心にタンパク質を摂取することです。
植物性タンパク質だけでは、犬の必須アミノ酸を全てを補うことができません。
また、植物性タンパク質の分解は犬の消火器官には向いていません。

ドッグフードは安価で低品質な穀物を使用し、タンパク質のかさ増しをしているものが多く見られますが、
ドッグフードのパッケージには、詳しくすべての成分を表記していないので、
必須アミノ酸がきちんと補われているのかわかりません。

ドッグフードの原材料に於いては、使用量の多い順に記載されます。
肉よりも先にトウモコロシや小麦などの穀物が記載されている場合は注意が必要です。
また、トウモロコシよりも肉の量を多く見せるため、トウモロコシやコーングルテン等、
似たような原材料のものを2つにわけて、記載順を下げるなどの手もよく行われます。

では、穀物が中心となっているドッグフードは良くないのでしょうか?
世の中には犬の食事に関して、お肉よりも穀物中心の方が健康的だ
という考えを持った方もいらっしゃいます。
しかし、犬は穀物や炭水化物の消化が得意ではありません。

ドッグフードの主成分に穀物が多く使用されるのは何故か?というと、
単純にコストを下げるためなのです。
穀物から摂取できるタンパク質は、犬にとって良質ではないですし、炭水化物が不要というならば、
やはり穀物主流なものより、お肉中心のドッグフードの方が良いでしょう。
愛犬に合ったドッグフードの選び方はこちらに載っていますので参考にして選んでください。
市販に売られている商品はたくさんありすぎて選ぶのが大変です。
そんなときには、動物病院が推奨しているドッグフードを試してみてはいかがでしょうか?
病院の先生ならどれが良いかわかっていると思いますので、比較的安全な商品を選ぶことができるはずです。

また、アイムスなどの有名メーカーのドッグフードについて詳しく解説されているサイトhttp://www.jaylynnscraps.com/aimus.htmlはこちらにあります。