エサ

アレルギー対応のドッグフード

犬にもアレルギーが増えてきています。
いったいどんなアレルギーがあるのでしょう。

まず、アトピー性皮膚炎です。
アトピー性皮膚炎の特徴は、「かゆみ」です。
体のあらゆる所にかゆみが生じ、なめたり・かいたりしてしまい、皮膚を傷つけてしまいます。
アトピーの治療でステロイドなども使われたりしますが、副作用もありますので、
なるべくならサプリメントなどで治るなら、そちらの方がよいでしょう。

人間と同じなのですね。
目の縁、唇の周り、足の先、脇の下、内股などに多く症状が出るようです。
生まれ持った体質もあるので、完治は難しいですが、できるだけ早く獣医さんに診てもらいましょう。

次にノミ・ダニアレルギーです。
ノミやダニが繁殖しにくいように清潔にしましょう。

食餌アレルギーもあります。
ある特定の食べ物を食べるとかゆがったり、吐いたり・下痢をしたり
原因になる食べ物はいろいろありますが、アレルゲンは、牛肉、乳製品、鶏肉、小麦、鶏卵、
とうもろこし、および醤油です。
これらの成分はごく普通に売られているドッグフードに含まれています。
また、添加物がたっぷり含まれているドッグフードでもアレルギー反応が起こる場合がありますので、安すぎるものは避けたほうが良いでしょう。

こういったアレルギーが疑われる場合は
原因になるたんぱく質が除かれた低アレルギー食を病院にて処方してもらいましょう。
アレルギーに対応したドッグフードは人工着色料や人工香料、また無添加であったりと
素材などにもとても気を使って作ってあるので安心です。

またそういったアレルギーを持ったワンちゃん用にサプリメントも売られているようです。
心配でしたら、動物病院で尋ねられてもいいでしょう。

犬のアレルギーは今まで何ともなかったのに、急に症状がでることもあるようです。
犬の様子がなんとなくおかしいと思ったら、獣医さんにアレルギー検査をしてもらってもいいでしょう。
値段が若干高いですが、何も分からず症状が悪化するよりはよいでしょう。

愛犬のことを考えると辛い姿をみるのは飼い主さんも、辛いですよね。
どこかおかしいなと思ったら少しでも早く獣医さんに診てもらいましょう。

こちらでは成長期の仔犬向けのドッグフードが紹介されています。